AICSとは

AICSとは何ですか?

AICSとは、「Animal&Nature Interpreter College of SAVIC(アニマル & ネイチャー インタープリター カレッジ オブ SAVIC)」の略です。

動物関連エキスパート専門のエージェント㈱ギフトタンクが運営する動物の言葉をより正確に伝えるプロの「動物通訳士」の育成を目的とするオンラインカレッジです。

AICS

 

AICSにはどの様なコースがありますか?

AICSでは、4つのディグリーコースが設けられています。

・アソシエート(AD)
・バチェラー(BD)
・マスター(MD)
・グランドマスター(GMD)

上級コースに進級するにはコース最終日にディグリー検定試験を受験し、該当する学位を取得する必要があります。

各コースの最終日は動物通訳士検定試験SAVIC の受験日となり各コースを修了した方は修了証書が授与され、学びながら国際水準の認定各学位を取得できる仕組みになっております。

最短約1年で4コース全てを修了し卒業することが可能です。

 

どんな内容を学ぶのですか?

AICS×SAVIC 受講については、人格、能力ともに優れた動物通訳士の逸材を育成する目的で、2019 年度より受験制度を取り入れます。アニマルインタープリター適正診断とケーススタディによる受験内容となっております。

AICS×SAVIC が提供するカリキュラムは、量子力学の理論を取り入れた脳力開発トレーニングと膨大な量のコミュニケーションのケーススタディで構成され、科学的検証とトレーニングで根拠のある自信を養いながら、探偵犬との迷子捜索や、動物や植物から学ぶホリスティックアニマルケアなど、アニマルコミュニケーションの他にも、フラワーレメディ、アニマルセラピー、アニマルグリーフカウンセリングが学べ、いろんな発見と出会う冒険カリキュラムです。

動物通訳士になるということは動物と人との心の交流のための「翻訳機」となることです。

動物通訳士の考えや想いを介入させずニュートラルであることが求められます。

自身の名声のための「エゴ」や「欲」があれば動物の言葉や心を忠実に伝えることはできません。それらを手放し、動物にも、人にも、そして自分自身にも誠実であることでその脳力は磨かれます。

通訳士やオーナーさんの「思い込み」に左右されずに忠実に伝えるためにコミュニケーションを阻害しているものの正体と真伨に向き合うことができなければAICS×SAVIC が求める「動物通訳士」になることは困難でしょう。

動物たちに貢献することを心から望まれるのならば、ぜひ AICS のカリキュラムにチャレンジしてください。

 

どんな先生から学ぶのですか?

AICSでは、アソシエート(AD)、バチェラー(BD)、マスター(MD)、グランドマスター(GMD)という 4 つのディグリーコースが設けられ、上級コースに進級するにはコース最終日にディグリー検定試験を受験し、該当する学位を取得する必要があります。各コースは、カリキュラムに沿ってAICS学長、SAVIC研究所所長Zinney Imasatoが講師を担当します。

株式会社ギフトタンク 代表取締役・AICS学長・SAVIC 研究所所長・研究者・脳力開発指導者・Soul Figure 開発者・動物保護活動家・動物保護投資家・動物通訳士・アニマルヒーリング指導者・アニマルメンタルトレーナー・ドッグトレーナー・アニマルヴォイスアナライザーなどその他多くの肩書きと実績を持つ。

科学的に実証された、エネルギーワークによる遺伝子や物質変換術で触れることなく液体から有害物質を取り除いたり、遺伝子を別の遺伝子に変えるなど、素粒子エディターとの異名を持つ。

アニマルインタープリター養成カレッジAICS(アニマル&ネイチャーインタープリターオブSAVIC)では、脳力開発の基礎トレーニングや長年のピタゴラスとの交信から得た情報をもとにプログラムされた「脳再構築コード」という他に類をみない独特なトレーニングを展開している。また情報量、知識の宝庫であり、ヒューマンディクショナリーとして受講者の健康、メンタル、人生に大きな影響を与え続けている。

昨年2019年は、AICSカレッジで行っている科学的根拠のあるトレーニングが他に類をみない、オンリーワンであること、科学的検証に基づいたエビデンス、動物通訳士アニマルインタープリターの精度が評価され、ギフトタンクの誇る「AICSアニマル&ネイチャーインタープリターカレッジオブSAVIC」探偵犬・保護犬矯正サポートプログラム「Blackie Train Animal Patronage Project」がAEEF(マレーシア政府公認評価機関)「ASIA GOLDEN STAR AWARD」2019年商品賞、教育研究部門、及び社会貢献賞を受賞。ギフトタンクの代表として女性起業家賞を受賞し、三部門受賞でマスター大賞を受賞。

 

カレッジ以外にはどんなコースがありますか?

AICS入学を目的としたコースから、家庭やコミュニティ内で使えるアニマルコミュニケーションのコースなどがあります。

①I’ll just do it アニマルコミュニケーション勉強会
家庭やコミュニティ内で使えるアニマルコミュニケーション力を UPしたい!

②SAVIC 塾 アニマルコミュニケーション脳力開発基礎講座
いずれはプロを目指したい!まず基礎をしっかり学んでからカレッジを目指す方向けのコース

③AICS 入学資格試験対策塾
動物通訳士、エキスパートを目指す方向けのコース

その他、進路について相談できる《無料》進路相談&個別のアカデミーガイダンスなどもございます。
(詳しい内容は『AICS×SAVICコース』のページでご説明していますので、ご参照下さい。)

 

他の団体で勉強もしていますが、受講できますか?

はい、出来ます。

ただし、経験上他で学ばれた方は弊社のトレーニングに移行するのが難しい場合もあります。
その場合はガイダンスで判断させていただき、その旨お伝えすることもございます。

すでにアニマルコミュニケーションをお仕事にされてる方は、上記の理由でお断りしております。

 

AICSを受講すると必ず動物とコミュニケーションできるようになりますか?

常に動物と会話ができる、という実感を持てる人はそう多くはありません。

アニマルコミュニケーション能力の向上は一朝一夕にはいかないものです。

他の語学でもそうであるように、継続的に学習を続けることが大切です。

全てのコースはそれぞれ全 3 ヶ月間、毎週開催の受講を通して、アニマルコミュニケーションを卓越した、これまでに類を見ない画期的テレパシックトレーニングカリキュラムで、動植物との会話力を引き上げます。

 

AICSで学ぶスキルを使って他者にアニマルコミュニケーションを教えることは出来ますか?

「AICSオンラインカレッジ」また、以下のコースも含む

・AICS 入学資格試験対策塾
・SAVIC 塾 アニマルコミュニケーション脳力開発基礎講座
・I’ll just do it アニマルコミュニケーション勉強会
・アニマルコミュニケーション脳力開発基礎講座 GATE1/2(不定期開催)

それぞれのコースで学ぶアニマルコミュニケーションの基礎的なスキルを使って他者に教えることは出来ません。

他者に教えることができる資格は、

・AICSカレッジ卒業
・AICSカレッジ2ndステージ受講
・トレーナーコース修了
・SAVIC検定トレーナー資格取得

という4つのステージをトレーナー認定資格として準備しております。

 

AICSを卒業後はどんな道がありますか?

進路は皆様それぞれですがカレッジや現場で得た知識と経験を生かして、動物通訳士として活躍されている方、動物愛護の活動、コミュニティ中で活躍されている方、ご自身の家庭のペットの為に生かしている方がいます。

(『AICS 第一期生の声』のページで卒業生の方々からの声をご紹介しています。)

 

自分の進路に迷っています、どうしたら良いでしょうか。

進路に迷っている方、相談したい方向けに《無料》進路相談&個別のアカデミーガイダンスを行っております。
ご希望の方はお申込みフォームより、希望日時をお知らせください。担当が調整して連絡させて頂きます。

オンラインで 60 分《無料》進路相談&個別のアカデミーガイダンス

講師: AICS講師&SAVIC研究所所長 Zinney Imasato
参加料: 無料

自分の今の実力を把握し目標を定めて計画的に学習を進めていくこと、今自分がどの段階にいるのかを把握し、なんのために動物との会話を学びたいのか、一歩ずつステップアップできるようにお一人お一人にマッチした環境やカリキュラムをご案内します。

 

AICSオンラインカレッジのご案内

AICSオンラインカレッジについて、トレーニングカリキュラムの詳細などはこちらのホームージを御覧ください。